07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

もののはずみ 


2009.05.23
Sat
12:00

ことのついでにもうひとつ。

堀江敏幸の古きよき「もの」への愛情あふれるエッセイ集。
もののはずみもののはずみ
(2005/07/30)
堀江 敏幸

商品詳細を見る

「もの」の「はずみ」とは、世界をひろげていくための、たいせつな力でもあるのだ。
また、買ってしまいました。
・・・本文より。

作者の趣味は「古本屋」「古道具屋」巡りらしい。
その作者の「愛すべきガラクタ」たちのモノクロ写真と
それらにまつわる短いエッセイで構成された美しい本である。

「もの」に対するこだわりや愛が例の「端正」な文章で綴られる。
そして「想い」は「もの」の向こう側にいる/いた「人」へと
馳せられていくのである。

6月には文庫化されるそうだが
Macはハードカバーがお勧め。


堀江「散文集」でもう1冊。
「パン・マリーへの手紙」もどうぞ。
バン・マリーへの手紙バン・マリーへの手紙
(2007/05)
堀江 敏幸

商品詳細を見る

category: 読む・詠む

thread: 読書

janre: 小説・文学

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ケータイのセンタク  | h o m e |  アイロンと朝の詩人 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://majomura.blog33.fc2.com/tb.php/124-df0614bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。